2017.04.18の修練


いつも修練場に到着すると修練前の子供たちが走り回って遊んでいるのですが、今日は既に作務の体制になっておりいつもより早いスタートをきっていました。私の時間の見間違いで出遅れたのかと時計を見直すほどでした。

今日も5/4の大会に備えての調整となりました。確実に修練の成果が出ているのを感じます。

少年部は「組手主体」について学びました。「自分一人のためではない、相手があって出来ること」それぞれの組演武で生かしてほしいと思います。

一般部では「基本を忠実に、疎かにしないこと」 忘れてしまいがちな基本的な部分を今一度、意識的に見直す時間になりました。

H君T君組。お互い技を確認しながら少しずつ形になってきました。H君のお母さんがビデオを撮っていました。私もつい昔を思い出して微笑ましく感じました。

Mちゃん、K君組。帯の色は違うけれどしっかりとついて行けています。K君の気迫は相手を引っ張る力があります。

Mちゃん、Hちゃん組。 この時間はまだ相方が来ていなかったのでお互い違う相手との練習でした。学校は違うけど同級生の仲良しさんです。

K君、Mちゃん組。少年部の一番のベテラン組です。皆のお手本になるほど真剣な姿です。

去年までは違う相手と組んでいたのでとても新鮮です。

先日転籍してきたYちゃん。早速5/4の大会に出場します。是非、仙台でも活躍してほしいと思います

Y君、D君組。日に日に上達しているのが目に見えて分かる二人。学校でもそろそろどの部活にしようか決まりつつあるようです。

M君、K君組。少し前まで練習中も笑顔が絶えない二人でしたが、ここ数日は真剣な表情が増えてきました。スピードが出てくると表情も力強くなります。

Kちゃん、後ろはRちゃん。この日は二人とも体調不良のため表情がかなり辛そうでした。休憩時間はうつぶせる場面も。けして無理は禁物ですが休まないのは大会への意気込みの表れなのかも。

Iちゃん、Aちゃん組。月末に昇段試験があるため、今日は昇段試験の練習を重点的に行いました。

数日後にある市民大会での組演武の練習も頑張っています。


133回の閲覧
道院紹介
introduction

入門案内

invitation

© 2015 金剛禅総本山少林寺 仙台東道院